ロゴ

賃貸の部屋を探すなら~押さえたい物件選びのポイントを紹介~

賃貸物件のメリット

賃貸の物件には、一人や少人数で住むのに適したアパートや、一軒家などがあります。賃貸だと家族や自分のライフスタイルの変化に応じて、柔軟に引越しを行うことができます。

賃貸で部屋を借りるなら

賃貸物件を探すなら自分が求める条件を明確に、その中から譲れない点・妥協しても良い点と優先順位を付けていきましょう。また、物件を探すときのポイントをしっかり掴むことで失敗せずに物件を決めることができます。

賃貸物件を探すときのポイントをチェック

レディ

周辺環境

物件の周囲で利用できるスーパーやコンビニ、ATMや病院などをチェックしておきましょう。実際に住んでみると、利用しやすい場所にあることで、快適に生活することができます。また、夜間の騒音や夜道の明るさなども事前に確認をしておきましょう。

立地条件

賃貸の物件を探すなら、立地の良さは大切です。駅が近い物件は家賃が比較的高くなっていますが、学生や社会人の場合、通勤・通学に必要となる交通費と比較して、実は大差ないというケースもあります。駅に近い物件がないなら、交通アクセスのよい物件などを探してみましょう。

部屋の内部

好条件の物件を見つけたら、実際に部屋の中を見学させてもらいましょう。その際に押さえておきたいことが、部屋の日当たりや湿気などです。また、押入れなどの収納スペースや、シャワーの水圧、ドアの開閉には問題がないかまでチェックをしておくと入居後のトラブルを避けることができます。

建物の管理状態

物件の見学の際には、建物全体の状態もチェックしておきましょう。すでに入居者がいる部屋の前や、階段や駐車場など共有スペースの状態から、住人のレベルをうかがうことができます。また、ゴミなどの片付けが不十分だと虫が発生する可能性もあるので、注意が必要です。

防犯性

物件を探すときに条件として加えておきたいのが二階以上の部屋です。同じ物件であっても、一階と二階では防犯性にも大きな違いがあります。また、近くにちゃんと街灯が設置してあったり、死角となるような高い塀がない所を選ぶとよいでしょう。

後悔しないためにも賃貸物件を探す前に情報をチェックしよう!

集合住宅

初期費用・家賃をトータルする

賃貸物件に住む際には、初期費用として敷金や礼金、仲介手数料などが必要となります。それに合わせて、賃貸物件にかかる費用を、二年という単位で見ることがポイントです。初期費用の内容によっては、トータルで見た場合、家賃が高い物件と大差なかったり、もしくは家賃が高くてもお得になるケースがあります。事前に、長い目でみてコストを計算することが大切です。

[PR]
月島で賃貸探しを成功させよう
評判の高い会社の情報を紹介

[PR]
京都マンスリーマンションで宿泊
サービス内容を徹底解説!

[PR]
学生向け賃貸を大公開♪
物件選びの参考にしよう

[PR]
理想的な横浜の分譲賃貸を見分けるコツ
物件を見る目を養おう♪